最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2017年8月27日 (日)

おいジ●●プ。さっさと難民を受け入れろ。

私はかつての記事「移民・難民受け入れのデメリット幻想」の中で、移民の受入に反対する根拠は虚構に過ぎないと書いた。
http://chinkasu-gomiuyoku.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-fb20.html

http://pinkydra.exblog.jp/
だが、私は肝心な事を忘れていた。この日本は移民どころか、国際条約に基づく申請をした難民すら満足に受け入れず、あまつさえ収容施設で虐待まで行っていた。とんだ「おもてなし」もあったものだが、いっそこの日本は難民条約から追放されればいい。

2017年8月26日 (土)

今治発バイオハザード「やすぶしん」

http://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51931580.html

やすぶしん
【安普請】
あまり金をかけずに家を建てること。
そうして建てた、上等でない家。

<引用部分>


「図面番号A‐02(図面名称・仕上表)」に床、壁、天井などの材質が指定されている。
建築士は「ここがミソ」と力を込める。

 「ビニル床シート、ビニル床タイルは一番安い。壁のビニルクロス塗装も安い。
天井の化粧石膏ボードは廉価なオフィス仕様」…建築士は「安い」を連発した。

 「床下に電線やインターネットLANを通すための床上げをしていない」のだそうだ。
「倉庫レベルの仕様。安い。最低限」と吐き捨てた。

 建築士は「坪単価70万円から80万円。どの建築家に見せても同じようなことを言うと思うよ」。

 加計学園の提示は坪150万円。建築士の見積もりの2倍である。

 「安普請であることは確か」。建築士は締めくくった。

 酒好きで鳴る加計孝太郎理事長の指示があったのか、どうか分からないが、最上階は
パーティールームとなっており、ワインセラーもある。

 加計学園側は「BSL(バイオセイフティーレベル)3」の施設を作ると説明している。
レベル4まであり、数字が高くなるほど扱うウイルスの危険度は増す。

 ところが設計図を見るなり2人とも「これレベル2ですね」と指摘した。
「レベル2」だとしても雑な造りだという。

 「(外に細菌が出ないようにするため実験室の気圧を下げる)いん圧の設備もありませんね」
「とても(定員の)160人が実験に出席できる設備ではない」


<私見>

「安普請」
この加計学園疑惑の張本人とも言うべき腐れ総理の名によく似た言葉だ。というよりも奴が語源かと錯覚しそうな言葉だ。
大学にパーティールームやワインセラー(他の記事では生ビールサーバーも)を置くのも理解不能だが、提示金額の半値で出来る「倉庫レベル」の建物で感染リスクのある有害ウィルスを扱うつもりだったのか・・・。これを擁護する朕カスゴミウヨクは、一体日本の何を愛しているのだ? 否、愚問か。奴等は権力や強者の側に立って、それに刃向かう者をぶっ叩いていい気になっているテメエ自身が好きなのであって、そもそも国なんてどうでもよいのだろう。

2017年6月11日 (日)

朕カスゴミウヨクの「エア・フレンド」再び

私がこのブログを始めて間もない頃、以下のような記事を書いたことがある。古い記事なので探すのも面倒だろうから以下に再掲する。


「エア・フレンド」
とは言っても、空気を入れる抱き枕ではない。朕カスゴミウヨクが己の寝言に信憑性を持たせるために、相手の属する集団から友人・知人をでっち上げることを私がこう名付けた。

 私もよくお邪魔する人気ブログ「ここが変だよ在特会」のコメント欄には、自ら帰化人と名乗ったり、在日コリアンや帰化した友人がいるなどと言う者が何人も出てくる。多くは管理人のbubkaさんにしょうもない批判をするためだ。

 朕カスゴミウヨクが愚かしいのは、在日コリアンに友人を持つ日本人がどのような日本人か、本物の在日コリアンであるbubkaさんが知らないと思っていることだ。恐らく、私に比べたら神業とでも言うべき速さで嘘を見破っていると思うが、ネット上では立証出来ないため、だまされたふりをしてコメントさせていると次第にボロが出てくる。


なぜ今頃再掲したのか。このブログにハンドルネームも付けずにいきなり勝手な質問だけ寄越し、その後の書き込みで「男組」と彼等が寄り添う在日コリアンを侮辱したゲス野郎(気持ち悪いので当ブログから跡形もなく消した。今は奴の書き込みなど見る気も起らない。)が最後にこうほざいていたからだ。

ぼくの ともだちにも ざいにちが いますが さべつなんか されていないと いっていますよ

未だにこんな「I have a black friend」の日本版のような手口を使っている奴がいることに驚く。だが私は産まれてから今日まで日本人であり、bubkaさんのような知識も経験もない。だから私はこう言うことにしている。

「在日の友達だと。それがどうした。ナチスが台頭する前のドイツ人にはユダヤ人の友達なんかいなかったというのか。ルワンダもそうだ。民族を超えた友達関係なんて星の数程あった。それでもどうなったかは、言うまでもないよな。」

実際、ヘイトスピーチが「政策」や「集団ヒステリー」にまで昇華してしまえば、そんな友達がいたところでどうしようもなくなる。守ろうとすれば自分の命まで危なくなる。だからこそその「在日の友達」に本当に差別が襲い掛かる前に叩き潰さなければならない。そのための手段を選ぶ余裕がないのなら選ばなくていい。

話は変わるが最近になって、戦前の治安維持法の焼き直しのような「共謀罪」に、食料の安全保障を売り飛ばす「種子法廃止」、水道の民営化、介護サービスの削減、労働基準法の改悪など、安倍壺三とその仲間共による貴族社会へと日本を変質させていくゲリノミクソが着々と進んでいる。それでも在日コリアンを捌け口に与えられて喜んでいるようでは、いづれ日本など産まれてこない方が良い国に成り下がるだろう。

2017年3月13日 (月)

教育勅語で遊んでみた。

戦後間もなく廃止されたにも関わらず、朕カスゴミウヨクによってゴキブリのようにしぶとく生き続け、近年になってあろうことか幼稚園児に刷り込まれていた教育勅語。今回はこの天皇制軍事独裁国家のアホくさい遺物をとことん冒涜してやろうと思う。

教育勅語の全文

朕(ちん)惟(おも)フニ、我(わ)ガ皇祖皇宗(こうそこうそう)國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ、德ヲ樹(た)ツルコト深厚ナリ。我(わ)ガ臣民(しんみん)克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆(おくちょう)心ヲ一(いつ)ニシテ世世(よよ)厥(そ)ノ美ヲ濟(な)セルハ、此(こ)レ我(わ)ガ國體(こくたい)ノ精華ニシテ、教育ノ淵源(えんげん)亦(また)實(じつ)ニ此(ここ)ニ存ス。爾(なんじ)臣民(しんみん)父母(ふぼ)ニ孝ニ、兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ、夫婦相(あい)和シ、朋友(ほうゆう)相(あい)信ジ、恭儉(きょうけん)己(おの)レヲ持(じ)シ、博愛衆ニ及ボシ、學(がく)ヲ修(おさ)メ、業(ぎょう)ヲ習(なら)ヒ、以(もっ)テ智能ヲ啓發シ、德器(とっき)ヲ成就シ、進(すすん)デ公益ヲ廣(ひろ)メ、世務(せいむ)ヲ開キ、常ニ國憲(こっけん)ヲ重(おもん)ジ、國法(こくほう)ニ遵(したが)ヒ、一旦(いったん)緩急(かんきゅう)アレバ義勇(ぎゆう)公(こう)ニ奉(ほう)ジ、以(もっ)テ天壤無窮(てんじょうむきゅう)ノ皇運(こううん)ヲ扶翼(ふよく)スベシ。是(かく)ノ如(ごと)キハ獨(ひと)リ朕(ちん)ガ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民(しんみん)タルノミナラズ、又(また)以(もっ)テ爾(なんじ)祖先ノ遺風ヲ顯彰(けんしょう)スルニ足(た)ラン。
斯(こ)ノ道ハ實(じつ)ニ我ガ皇祖皇宗(こうそこうそう)ノ遺訓ニシテ、子孫臣民(しんみん)ノ倶(とも)ニ遵守(じゅんしゅ)スベキ所(ところ)、之(これ)ヲ古今(ここん)ニ通(つう)ジテ謬(あやま)ラズ、之ヲ中外(ちゅうがい)ニ施シテ悖(もと)ラズ。朕(ちん)爾(なんじ)臣民(しんみん)ト倶(とも)ニ拳々服膺(けんけんふくよう)シテ、咸(みな)其(その)德ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。 
明治二十三年十月三十日 御名御璽(ぎょめいぎょじ)

教育勅語の現代語訳

私(注:明治天皇)は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。
このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

「教育勅語は道徳的にも良いことが書いてあるでなはいか」とふざけた妄言を吐く者がいるが、その者にとって道徳とは天皇に決めてもらうものなのか。国家のお仕着せをそのまま実行するものなのか。また、その道徳が何のためかと言えば、上記の下線部分にある通り国家への無条件奉仕である。その国家が本当に正しいのかなど全く考慮していない。教育勅語より古い筈の啓蒙思想(革命権や抵抗権を認めている)より、逆に遅れているような代物だ。

むしろこの方が現代語訳にはふさわしかろう。

教育勅語の現代語訳(全共闘のHPにかつてあったものを加筆・修正した)

俺は近頃つくづく思うんだけど、俺の先祖はすごく偉いのだ。
俺様の一族はお前ら奴隷国民を永遠に支配できるような超ヤバいシステムを作り上げた。そして俺の御先祖様はお前ら奴隷国民共を生かさぬよう殺さぬよう、特に甘やかさないように上手く支配してカモってきたんだぜぇ。
お前ら奴隷国民の犬すら魂消(たまげ)る忠誠心は俺にとってすごく都合がいい。だからこれからも俺様の一族のために一生汗水垂らして働け。尤もそうしないと生きていけない奴が大半だろうがな。
お前らは放し飼いにしておくとロクなことをしないから、親父とお袋の言うことは何を言われても良く聞いて、例え夫がゴミ野郎でもつまらん夫婦喧嘩なんてするんじゃねえぞ。取り敢えずフェミのオナゴとLGBTと中年処女童貞は死ね。俺様を尊敬し敬うことを片時も忘れずに朝から晩まで有難く拝め。
俺様の帝国を偉大するために、せいぜい勉強しろ。ガキ共、登校拒否なんかしやがったら憲兵みたいな奴らが自宅に乗り込んで学校まで引きずっていくからな。大人ですら俺様の奴隷なのにガキに人権なんてあるわけないだろうが。ま、とにかく俺様の帝国のために全力で奉仕し、俺様の決めた俺様の法律は絶対に破るんじゃねえぞ。
北朝鮮でもイスラム国でも原発事故でもいいが、有事があったら俺様の奴隷として、身も心も俺様に捧げる気で真っ先に死ね。その有事が俺様の責任かどうかなどどうでもいい。つまりこれだ「海ゆかば水漬(みず)く屍、山ゆかば草むす屍、大君(おおきみ)の辺(へ)にこそ死なめ、顧(かえり)みはせじ」って、しかしお前らは本当にクルクルパーだなあ、ヘニコソシナメだって(Pu)。
そうして俺様の帝国をもっと偉大にするのだ。
お前ら奴隷国民共は先祖代々、俺様一族の奴隷だったのだから、これからも忠実な犬の何倍も奴隷根性を発揮して働けよ。しかもこの超システムはこんな小さな列島に収まることはない。いづれは全地球へと広げていくつもりだ。
何だあ!その眼はあ!文句のある奴ぁ、昔みたいに特高警察復活させて、多喜二みたいに取調室でブチ●すぞゴルァ!
お前ら奴隷国民は俺様の偉大な帝国の犬だということを心から有難く思い、俺様の命令に死ぬまで従え。俺様こそがこの国なのだからな。

2017年1月16日 (月)

少女像はもっと目立つ場所に建てよう。

http://blog.livedoor.jp/manfor/archives/52054904.html

(上記より引用)
「少女像」でまたもめている。
ソウルの日本大使館と釜山領事館の前。
経緯については面倒なので省略するが、仏ルモンド紙は稲田防衛相の靖国参拝が韓国民の反発を招いたのが原因と指摘(欧米ではだいたい同じ見方らしい)。
しかし安倍普三(あべ・ふみ)は、相手側に問題があるかのよう言い立て、駐韓大使を帰国させるという挙に出た。
成立して一年そこそこで、「合意」はどうやら破棄されそうな成りゆきである。

さて。
真性のネット右翼はもう手が付けられないので、ほっとくが。
それでも、ネトウヨ思潮に影響された人々の思うことはわかっている。
「御国のため命を捧げた日本の兵隊さんは金めあての売春婦なんかよりずっと気高い存在なのに、海外の声ときたら「いわゆる従軍慰安婦」の身ばかり気遣い、皇軍のほうは性犯罪者のように見て、まったくリスペクトがないのはどうしてだ?」

なるほど。なぜ海外の論調は、いつまでたっても安倍政権やネトウヨ諸氏の思う通りにならず、慰安婦たちが味方され日本側は悪く言われるか?

そりゃあなた、娼婦は身を売って金を得るだけの無害な存在だけど日本軍のほうは力付くでアジアを奪おうとした有害きわまる集団だったと思われてるからですよ。
まして、「いわゆる従軍慰安婦」は無理やり娼婦にされた日本軍国主義の犠牲者なんだから同情されないわけないでしょ。


いや、身も蓋もない答え方になった。
でも、本当のことだ。
ぶっちゃけ、日本兵を売春婦よりも上位に格付けするのは世界中で日本の国家主義者しかいない。「日本軍像」というものに、海外の人と国内の右翼さんとで根本的なずれがある。

それは結局のところ、外国人はこの問題を、「日本軍が慰安婦に何をしたか」よりも「日本軍が世界に何をした」という歴史上の予備知識をもってまず受け止めるからだ。当然、右側の連中が躍起となった努力のすえ国内でのみ存在の余地をあらしめた「美しい日本軍」の虚像など通りはしない。
世界の目に日本軍とは、暴虐な侵略者であり、時の政府の命令にしたがい支配と略奪を遂行した集団、せいいっぱい好意的に見ても無理やり動員された軍国主義体制の犠牲者であるにすぎないのだから。

こうした認識をもった諸国の前に、例のくだらない呪文「強制連行ではないから問題ない」がいかに歯が立たない空言として跳ね返されることか。なんとなれば、幾万もの女性を必要とした日本軍自体が他国の領分に強引に押し入り、人手や資源を奪いとる存在ではなかったか?
かかる歴史上の巨悪の中で、慰安婦が「強制せず連行された」からといってどうなのだろう? マイケル・グリーンが喝破したように、多くの慰安婦が悲惨な目にあった事実に変わらないではないか。
(「慰安婦は高給優遇」とか、テキサス親父みたいに真赤な嘘いう奴は引っ込んでろ)
https://matome.naver.jp/odai/2138238867118488501?page=2

慰安婦問題で日本軍を弁護する人の言い分だと、まるで日本軍というものが、平和な時代、友好国の求めに応じその領土に合法的に駐屯した普通の状態の軍事集団であるかのようだ。
あいにく、アジア太平洋での日本軍はそう見られていない。このとき連合諸国はまさに、その軍隊を占領地域から排除するため多大の犠牲を出しながら戦っていたのだ!
日本軍とはすなわち世界の敵だった。そして従軍慰安婦制度は、そうやって押し入った土地に居すわる連中の愉楽に女性をあてがうよう委託された配給網により成り立っていた。
繰り返すが、「強制連行でないから――」は状況に合わないまったくの戯言だ。
なんとなれば、日本の軍政下におかれたすべての人が、物資であれ行為であれ、日本軍のあらゆる求めに応じるのをまさしく強制された状態だったのではないか?
(占領とはそういうものである)

ところがネット右翼にいわせるとこれが、「日本は欧米の支配からアジアを解放するため戦った。アジアの人は今でも日本軍に感謝している」という例の暗唱聖句になってしまう。慰安婦なるものは軍につきまとって稼いだ娼婦の集団にすぎないというわけだ。
むろんここまで実情と異なる認識では、インターネットの中でさえ彼らの支配およぶ勢力圏(ぼく(引用先の筆者 ブログ主注)はこれを、ニコ動でのネトウヨどもの喝采のやり方をもじり、「88圏内」と呼んでるが)以外では受け入れられるわけがない。

日本の開戦動機や開戦作法、占領の実態がいかに弁護できないものだったかについては、ここでさんざん語ったので割愛する。
https://matome.naver.jp/odai/2138632036451261401?&page=3

慰安婦問題ほど、日本の過去に対するネトウヨ流の思い込みや勘違い、すなわち世界に突きつけたい日本軍の虚像が現実と食いちがう痛ましさとなってあらわれたものはない。
そのシンボルが少女像だ。
だからこそ安倍政権とネトウヨどもは撤去しろとゴリ押しするし、まただからこそ我々は断じて撤去などさせてはならない。反対に、彼らが崇めるよう強制する「日本軍の虚像」こそを破壊すべきなのである。
(引用ここまで)


この少女像も関わっている「日韓合意」は、韓国が作った財団への資金供与だけが日本の義務ではなかった。元慰安婦(国際的には「性奴隷」が正しい)の老婆達の心の傷を癒す努力は「日韓双方の政府」がしなければならなかったのだが…。
韓国は民間団体が少女像を置いているに過ぎないが(しかも一度は現地警察が撤去した。)、日本では民間の著名人だけでなく与党政治家までが元慰安婦を侮辱。朕カスゴミウヨクのヘイトデモにおいても、老婆達への侮辱と蒸し返しのやりたい放題だ。さらに在日コリアンへの八つ当たりをしてやがるのだから、先方を「反日」と呼ぶほうが恥ずかしくなる。

とは言え、日本大使館・領事館前から少女像は撤去しても良いのではないかと思う。なぜなら、大使館・領事館職員は日本の国家公務員に過ぎず、この問題で私見を述べるなどあり得ないからだ。又、私は大学卒業前に一人で韓国・ソウル市を旅行したことがあったが、日本大使館には一切用が無かった。例え韓国に住んでいても、頻繁に行くような場所ではないだろう。

むしろ仁川国際空港、釜山港など国際的な往来の多い場所に目立つように移設する方が良いのではないか。日本や朕カスゴミウヨクの腐れぶりを見れば、大使館前なんてまだ手ぬるいのだ。

それでも大使館前に何らかのシンボルを作りたいのなら、プロジェクションマッピングがお勧めだ。幸い日本大使館の周囲では大きな建物には事欠かない。像と違って大した費用は掛からないし、掃除や手入れも不要。そして像は撤去してやったじゃないかと堂々と言えばいい。

<追記>
新たに情報を見つけたので下にリンクしておくが、この「日韓合意」は決して国際条約などではなく、反故にされる恐れは十分にあったということだ。もっとも今の安倍痰壺三政権と朕カスゴミウヨクが好き放題してやがる日本では、戦争責任の問題に決着をつけるなど百万年早いというべきだが。
http://roodevil.blog.shinobi.jp/%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E8%A8%98%E4%BA%8B/%E3%80%8C%E5%B0%91%E5%A5%B3%E5%83%8F%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%80%8D%E3%81%A7%E5%BC%81%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%AD%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E5%A4%A7%E5%89%8D%E6%8F%90

2016年11月13日 (日)

移民・難民受け入れのデメリット幻想

まず初めに言っておきたいのだが、この記事を読んで「(移民・難民を)自分の家に住まわせろ」だの「お前が身元保証をしろ」だのとほざいてくる朕カスゴミウヨクを、私は相手にするつもりはない。私はただ、日本が衰退しないために移民・難民を受け入れたいのならば今がラストチャンスだと言いたいだけであり、それすら逃して衰退するのはこの国の勝手である。私も日本人としては残念に思うが、日本の衰亡がはっきりする頃には私はもうこの世にはおるまい。

①移民で治安は悪化しなかった(むしろ改善した)。
移民による治安の悪化は所詮イメージでしかなっかた。よくよく考えてみれば、住むために移ってきた国で犯罪を働くこと自体が考えにくい。特に今は、移民排斥を唱えるカードみたいな名前の米国大統領が誕生し、欧州も極右が席巻。移民自体が難しくなっている。こんな時に受け入れてくれた国に対して移民・難民がどう思うかなど聞くまでもないことだろう。

②移民で失業率は上がらなかった。
そもそも移住先の国民があまりやりたがらない仕事をしているのだから、失業率に影響するはずがない。しかも移民には起業する人が多い。もっとも、無職が多い朕カスゴミウヨクにはどうでもいいことであろうが…。

③移民で賃金は下がらなかった(移民を受け入れない日本の賃金は下がったが)。
「安い料金で仕事をする移民に仕事を奪われた」と主張する者がいる。だが移民も移住先の物価で生活しなければならない上に、人によっては故国に残した家族に仕送りをすることもある。それでも安い料金で仕事が出来るということは、むしろその料金が「適正価格」だからではないのか。そのような理由で移民を排除したところで回り回って生産や生活のコストが上昇するだけであろう。

④移民・難民によって日本人は美しくなれる。
国民の6人に1人が海外出身のスウェーデンは世界一の美男美女大国となった。一方純粋な日本人で糞ヘイトデモに参加する罪涜蛔等の朕カスゴミウヨクは、顔面が変形した脂肪塊とゴボウしかいない。

⑤他にも…。
もし日本で新たな海外移民のコミュニティーが次々と誕生すれば、朕カスゴミウヨクが蛇蝎の如く嫌う在日コリアンの「民団」や「総連」は海外出身者のコミュニティーの一つに過ぎなくなる。コリアン以外の外国人が増えていけば、コリアンの発言力は相対的には弱まっていくはずだ。そして新たな海外移民をうまく「親日」にすることが出来れば、在日コリアンの存在はもはや「脅威」ではなくなる。朕カスゴミウヨクにとってもいいことではないのか。

JAP buster's blog
http://japbuster.hatenablog.com/
移民反対派の主張はアホくさい
http://japbuster.hatenablog.com/entry/2017/03/06/011324

2016年8月16日 (火)

レイシスト・カウンターの「リンチ事件」

http://roodevil.blog.shinobi.jp/%E6%9B%B8%E8%A9%95/%E6%9B%B8%E8%A9%95%E3%80%8C%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%A8%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E3%81%AE%E9%80%A3%E9%8E%96%E3%80%80%E5%8F%8D%E5%8E%9F%E9%80%A3%E2%80%95sealds%E2%80%95%E3%81%97%E3%81%B0

リンク先にもある鹿砦社の「ヘイトと暴力の連鎖」を一通り読んでみた。レイシスト・カウンターがリンチ傷害事件を起こしたそうだ。しかも被害者は罪涜蛔などの朕カスゴミウヨクではなく(それならまだ話もわかるのだが)、同じカウンターに疑念を持った仲間だというのだから、もう何を信じてよいのやら…。「罪涜蛔側の破壊工作か。」とも思ったが、そんな高等戦術が使えるような奴等でもないしな。

否、信じるのではなく自分で考えてよりマシな方を選ぶしかない、それが嫌なら自分で運動を立ち上げるべきなのかも知れない。「ヘイトと暴力の連鎖」では当然のことだが、カウンターが徹底して批判されていた。だが、私はこうも考えたのだ。

「C.R.A.C.や男組が出てきたのは、罪涜蛔などの朕カスゴミウヨクによる自業自得と、いい歳をした大人(て言うかイカレたジジババ)のヘイトスピーチを「説得」で止めさせることに無理があったのが原因ではないのか」と。

C.R.A.C.や男組以前には、紳士的文明的な手段でヘイトスピーチに抗議していた人達がいたはずだ。だがこの人達は罪涜蛔などの朕カスゴミウヨクに集団暴行され、しかも警察は見て見ぬふり。彼等は思った「こんな奴等に自分達が出来ることなど何もない。」。そして彼等は、ヘイトスピーチをとにかく止められる者達に道を譲り、以後再び出てくることは無くなった。

レイシスト・カウンターは出てくるべくして出てきたのだ。一部の在日コリアンがカウンターに加担しているのも、自らの生存権に対する切実な危機感の表れに他ならないと思う。過去にも言ったと思うが、罪涜蛔などの朕カスゴミウヨクがヘイトや排斥を諦めて消滅しない限り、カウンターが無くなることはない。例えC.R.A.C.や男組がいなくなったとしても、名前を変えて復活するだけの話であろう。

2016年2月28日 (日)

「チベット・ちべっと・TIBET・西蔵・・・」とほざいていた朕カスゴミウヨクに今更ながら腹が立つ。

国家試験対策でブログの更新を停止すると書きましたが、更新頻度を落とすことはしても、完全停止はしないことにしました。読者の皆様には今後とも宜しくお願いします。無論、居ればの話ですが。

http://xizang.is-mine.net/

リンク先のHP「西蔵資料館~チベットの本当の歴史~」を見て、私はかつて中国のチベット政策を非難するよう「リベラル左派」にしつこく要求してきた朕カスゴミウヨクを思い出した。奴等は要求に応じない者を「中国の手先」だとか「お前らの”人権”とやらは国内限定か」とかほざいていやがった。てめえらこそ難民とか親米国の人権抑圧には何の関心もなく、ただ中国叩きと「リベラル左派」の手を無駄に煩わすことしか眼中にないくせしやがってな。
もしチベット人が難民となって日本に救援を求めてきたら、奴等は入管に受入要求するデモとか起こしてくれるのか。それはむしろ左派の方こそやってくれそうな気がするがな。

私はこれまで「リベラル左派」が中国のチベット政策批判に及び腰だったのは、
 ① 国内の人権問題を優先するため
 ② 確かな情報が少なく批判材料に乏しい
 ③ 批判の効果が全く期待できず、それどころか更なる抑圧の口実にされかねない

という理由からだと思っていたが、リンク先で自らの不覚を思い知らされた。中国に直接統治される前のチベットは、民衆にとってはこの世の地獄だった。それを中国が劇的に改善させていた。無論、中国とてボランティアではなく国家としての狙いもあったのだろうが、それでも大ニッポクソ帝国の「羊頭」だった「五族協和」だの「亜細亜開放」だのに比べればはるかにまともであったと言える。日本のアイヌ民族に至っては、もはやジェノサイド寸前で存在すら認めようとしない朕カスゴミウヨクもいやがる始末だ。

朕カスゴミウヨクは金輪際「チベット」などと口にするな。お前達の存在は、チベット人にとっても「お荷物」でしかない。

2015年9月23日 (水)

在日韓国朝鮮人に「拉致拉致拉致拉致・・・・・・・・・・・・」

とうとう道理を蹴散らしてまで通ってしまった「米軍戦争下請法案」。可決を喜ぶ朕カスゴミウヨクは、これで米軍が(北)朝鮮をぶっ潰してくれるとでも思っているのだろうか。

ここが変だよ在特会(仮)
http://ameblo.jp/korea-one/

私がよくお邪魔するこの在日コリアンのブログのコメント欄には、時々拉致問題の責任をブログ主に問うてくる思考回路のスパークした朕カスゴミウヨクが乱入してくる。だが、本国と日本との危ういバランスの上で生きている「在日」の人達は、日本人以上に拉致問題でうかつな言動はできない。かつて(北)朝鮮から拉致被害者のメッセージを持ち帰った日本人のNGOがいたが、代表は被害者家族に礼を言われるどころか、日本中からバッシングされた。その後代表は拉致とは無関係の容疑で逮捕され、NGOは今も休眠しているようだ。

もし「在日」の尽力によって拉致問題が解決したならば、「在日」は名実共に日本社会の一員として認められ、逆に罪涜蛔などの朕カスゴミウヨクが窮地に立たされることも考えられるが、今の日本の状況ではギャンブルに近い。恐らく拉致問題は何の進展もなく、卑劣な朕カスゴミウヨクのことだからそれを「在日」のせいにするだろう。まさか安倍痰壺三政権まで同じことをしないだろうな。

そもそも拉致問題で「在日」に何をしてほしいのか、件のブログ主に具体的に言ってきた朕カスゴミウヨクは、サンメリーダの糞尿、岡田バカからやれやれに至るまで、一匹も確認できなかった。せいぜい本国との連絡で見聞きした事態をレポートする程度のことしかできないであろうが、一体どこの朕カスゴミウヨクがそんなことぐらいで満足するだろうか。否、奴等にとって拉致問題とは「在日」いじめの口実に過ぎないのだから、どんなことをしようが満足なぞするはずもないのだが。

2015年9月16日 (水)

F●●K!米国下請戦争法案が(多分今日中に)可決。戦争したくなくて狂えるアナタに。

国民、特に若者達の生命と財産を米国と軍需産業にくれてやる法案が今まさに強行採決されようとしている。SEALDs等の方達には本当に頭が下がる思いだが、「反対の意思表示」以上の結果は恐らく得られまい。もはや反対運動を続けるだけでなく、このビチ糞違憲法案が本格稼働する事態に備えることも考えねばならないだろう。いくら暗黒の未来しか見えなくても、私達は生きていかねばならないのだから。

「ナチスの手口」で末法の世へと珍走する安倍ド壺三政権へ協力をサボタージュし、奴等のもたらす人災から我が身を守らねばならない。奴等がいるのは海の向こうではないのだ。私も少ない知恵を絞って考えてみたので以下に書いてみた。尚、外国から本邦へ軍事侵攻が行われる事態など、私は全く考えていない(現行法の個別自衛権で十分だが)。狭くて山だらけの国土で資源もない、下手に攻撃すれば人材や資産まで無くなってしまう、あるのは借金と老人と大量の核のゴミ。日本の仮想敵は少数民族の問題で散々手を焼いている。この上こんな日本まで、まして武力で制圧してまで抱え込みたいと思うものか。


①奨学金を借りてまで(そもそも奨学金に返済が必要なこと自体おかしい)大学等に行かない。

私自身が旧日本育英会からの奨学金で大学を卒業しているので説得力はないかもしれない。だが、私が就職活動をした年はバブル崩壊後の大不況の真っ只中で、結局内定が取れたのは大学所在地のオーナー社長の会社だけだった。私はそこで地元のメス豚…もとい小太りの女上司のパワハラまがいの「指導」を受け続け、精神を病みかけて1年そこそこで辞めた。高卒だったらバブル期に就職できたのにと、この時は本当に後悔した。
私のつまらぬ身の上話はもう良い。何が言いたいかというと、日本の大学なんて借金してまで行く所なのかということだ。就職先が悪ければ奨学金の返済も難しくなり、滞納すると「保証人への一括請求か紛争地派兵かどちらかを選べ」と言われかねない。絵空事ではない。実際に検討されていたのだ。

②紛争地に行かされそうなら「無能」を装う。

借金がなくても安心はできない。民間企業等の業務命令で紛争地へ送られることもあり得る。実際防衛省が民間からの徴用を検討し問題視されている。徴用に応じた企業には、色々とご褒美があるのだろう。自分は「紛争地なんかでは使い物にならない」と会社や自衛隊に思わせなければならない。徴用されそうになったらわざとおかしな言動をするのも手だが、義務化されるストレスチェックを逆手に取ってわざと危険な結果を出し、徴用されそうになったらその結果を会社に提出して徴用を拒否する理由にしよう。

③可能であれば、幼い頃から海外移住を目標にした教育を受ける。

④最後は開き直ろう。

俺の命より大事な「国家」なんて地球上にないわ。何か文句あるんかい?ああ! 利己的で何が悪いんじゃ!少なくともお前の命令なんぞ聞いてやる義理はない! わかったか、滋賀のホモ野郎!

«裁判員制度を潰して徴兵制など不可能だと解らせてやろう。